SBI証券のiDeCo運用商品を好き勝手に評価してみる(除外ファンド整理編)

iDeCoの対象者が広がった当初、SBI証券の運用商品を好き勝手に評価してみると題して、資産カテゴリー別に投資信託の商品ラインナップを紹介したことがあります。

玉石混交のiDeCo運用商品 資料請求をしたものの、ずっとほったらかしてしまっていた個人型確定拠出年金(iDeCo)の申し込み手続きをしま...
玉石混交のiDeCo運用商品 SBI証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)の運用商品をランク付けしてみました。ランクは、S>A>B>C>D...
玉石混交のiDeCo運用商品 SBI証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)の運用商品をランク付けしてみました。ランクは、S>A>B>C>D...
玉石混交のiDeCo運用商品 SBI証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)の運用商品をランク付けしてみました。ランクは、S>A>B>C>D...
SBI証券のiDeCo運用商品で、なぜか異様に数が多いのがバランス型投資信託です。おそらく、株式と債券の混合比率が異なる複数の商品があるため...

この記事を書いた当初、運用商品が多すぎるのと、玉石混交ぶりに呆れ返りました。ちょっとは整理してくれないのかな~と思っていたところ、厚生労働省も同じことを考えたいたみたいで、「確定拠出年金制度等の一部を改正する法律」で運用商品の上限数が35になりました。ちなみに、SBI証券のiDeCoの運用商品数は67のため、半分近く減らさなければなりません。

というわけで、SBI証券のiDeCoは、運用商品の大幅なリストラが予告されています。これを踏まえ、改めてSBI証券のiDeCo運用商品を好き勝手に評価してみます。

評価は、「S>A>B>C>D」の5段階で、運用費用(信託報酬)と運用成績を勘案して好き勝手に決めています。参考までに……

スポンサーリンク

インデックスファンド

カテゴリ 銘柄 運用会社 評価
国内株式 DCニッセイ日経225インデックスファンドA ニッセイアセットマネジメント S
三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド 三井住友アセットマネジメント S
SBI TOPIX100・インデックスファンド<DC年金> SBIアセットマネジメント A
野村DC・JPX日経400ファンド 野村アセットマネジメント A
先進国株式 DCニッセイ外国株式インデックス ニッセイアセットマネジメント S
DC外国株式インデックスファンド 三井住友トラストアセットマネジメント D
EXE-i 先進国株式ファンド SBIアセットマネジメント B
EXE-i グローバル中小型株式ファンド SBIアセットマネジメント A
iFree NYダウ・インデックス 大和証券投資信託委託 S
新興国株式 EXE-i 新興国株式ファンド SBIアセットマネジメント A
三菱UFJ DC新興国株式インデックスファンド 三菱UFJ国際投信 A
REIT DCニッセイJ-REITインデックスファンドA ニッセイアセットマネジメント S
三井住友・DC外国リートインデックスファンド 三井住友アセットマネジメント S
債券 三菱UFJ 国内債券インデックスファンド(確定拠出年金) 三菱UFJ国際投信 S
野村外国債券インデックスファンド(確定拠出年金向け) 野村アセットマネジメント S
三菱UFJ DC新興国債券インデックスファンド 三菱UFJ国際投信 A
バランス iFree 8資産バランス 大和証券投資信託委託 A
DCインデックスバランス(株式80) 日興アセットマネジメント C
DCインデックスバランス(株式60) 日興アセットマネジメント C
DCインデックスバランス(株式40) 日興アセットマネジメント C
DCインデックスバランス(株式20) 日興アセットマネジメント C

インデックスファンドに関しては、除外対象外の商品で評価をつけ直すと、概ね好印象の商品ばかりが残りましたね。それでもなぜか評価Dをつけた商品が混ざり込んでますが、見なかったことにしておきましょう(笑)

ちなみに、バランス型ファンドに関しては、なぜか日興アセットマネジメントのDCインデックスバランスシリーズが残されています。このシリーズは、国内資産へのバイアスがかなり強く、ちょっとクセがあります。「iFree 8資産バランス」は8資産への均等投資なので、こちらの方がよりバランス型らしい(?)気がします。

アクティブファンド・その他

カテゴリ 銘柄 運用会社 評価
国内株式 SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ<DC年金>(愛称:jrevive<DC年金>) SBIアセットマネジメント A
フィデリティ・日本成長株・ファンド フィデリティ投信 C
みのりの投信(確定拠出年金専用) ポートフォリア D
スパークス・日本株式スチュワードシップ・ファンド (愛称:対話の力) スパークス・アセットマネジメント
先進国株式 ひふみ年金 レオス・キャピタルワークス S
キャピタル世界株式ファンド(DC年金用) キャピタル・インターナショナル D
ラッセル・インベストメント外国株式ファンド(DC向け) ラッセル・インベストメント C
朝日Nvestグローバル バリュー株オープン (愛称:Avest-E) 朝日ライフアセットマネジメント A
農林中金<パートナーズ>米国株式長期厳選ファンド 農林中金全共連アセットマネジメント
バランス SBI資産設計オープン(資産成長型) (愛称:スゴ6) 三井住友トラスト・アセットマネジメント B
野村DC運用戦略ファンド (愛称:ネクスト10) 野村アセットマネジメント B
コモディティ 三菱UFJ 純金ファンド (愛称:ファインゴールド) 三菱UFJ国際投信 C
ターゲットイヤー セレブライフ・ストーリー2025 SBIアセットマネジメント B
セレブライフ・ストーリー2035 SBIアセットマネジメント B
セレブライフ・ストーリー2045 SBIアセットマネジメント B
セレブライフ・ストーリー2055 SBIアセットマネジメント B

アクティブファンドは思いっきり整理され、ずいぶんとラインナップがすっきりしました。ひふみ年金は、もはや「国内株式」の投資信託とは言えなくなっているので、先進国株式へ移動させました。

アクティブファンドには、いくつか新顔が登場しています。「スパークス・日本株式スチュワードシップ・ファンド (愛称:対話の力)」は、中小型株や少数銘柄での運用に強みを持つスパークス・アセットマネジメントのアクティブファンドです。「農林中金<パートナーズ>米国株式長期厳選ファンド」は、米国株限定のアクティブファンドで、ひふみの米国株版のような感じです。いずれも運用歴が浅いので、ここでは無評価としています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする