iシェアーズ・コア 米国総合債券市場 ETF

スポンサーリンク

ETF概要

ティッカー AGG 市場 NYSE Arca
銘柄名 iシェアーズ・コア 米国総合債券市場 ETF
iShares Core U.S. Aggregate Bond ETF
ベンチマーク ブルームバーグ・バークレイズ米国総合インデックス
Bloomberg Barclays US Aggregate Bond Index
運用会社 BlackRock Fund Advisors
ブランド iShares
純資産 約426億米ドル
分類 米国債券 経費率 0.05%
対象地域 米国 設定日 2003年9月22日
ファンド籍 米国 分配頻度 毎月
基準通貨 米ドル 構成銘柄数 6087

ETFの特徴

米国の投資適格債全般に投資するETF。主な投資先は、米国財務省証券(いわゆる米国債)、モーゲージ・パススルー証券(MBS)、社債、政府機関債など。文字通り、米国の債券に「総合」的に投資することができる。

400億米ドル超の純資産をかかえており、iSharesシリーズの中でもかなり規模が大きい。そのスケールメリットを活かし、経費率はわずか0.05%と格安に設定されている。

ベンチマークには、ブルームバーグ・バークレイズ米国総合インデックスを採用。

評価

米国債のみならず、日本ではあまり馴染みのないモーゲージ・パススルー証券をかなりの割合で含んでいることに注意したい。諸外国の国債に投資するつもりで、このETFをポートフォリオに組み入れると、国債以外のものが混ざり込んでしまうことになる。そういった意味では、このETFは少々扱いづらい。

とは言え、経費が格安なのは魅力的で、長期投資に有利なのは言うまでもない。純資産も多く、米国市場に上場するiSharesシリーズの中では第3位の資産規模をなので、ETFとしては非常に安定している。純粋な米国債にこだわらないのであれば、積極的に活用したい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする